「食」の世界の可能性の大きさを感じて欲しい。

校長・服部幸應のメッセージ

成長するということは、自分の知らなかった扉を開くことです。
「好き」「ワクワク」すること、この気持ちが扉を開く鍵であることを知ってほしいのです。

料理や栄養の世界にも変化があります。
21世紀には新しい味の追求は、人の健康を考えた"体にやさしい料理""健康にいい料理"その上で"美味しい料理"が主流となってきます。

「食」とは、もともと「人を良くする」と書きます。
本物が求められる時代だからこそ、今、あらためて大切になるのです。

調理師はもとより、栄養士を目指す人は、少子高齢化社会を迎えるにあたって「食育」を実践できることが基本であると思います。
安全な食材や食品を識る人になること。
そして、「食」の世界の可能性の大きさを知ってほしいのです。

料理が好き、栄養に興味がある、そんなあなたの「ワクワク」する気持ちを大きく育てることが、学園の役割であると考えています。
“世の中に必要とされる人”を育むために。

世界をリードするHATTORIネットワーク

服部学園は、日本初の栄養士・調理師の養成施設校として、古い歴史と伝統を持つとともに、早くからフランスやイタリア、スペイン・ベルギー・中 国・韓国などと技術提供を結び、近年はフランス、イタリア、スペインなどの政府機関指定講習会を行うなど世界にもHATTORIネットワークを広げています。

心も育むのが「食育推進校」服部

教育方針は、私が20年以上前から提唱している『食育』。食が人に良いと書くように、心も体も良くし、育むのが『食育』です。
安全・安心・健康を考え、しつけやマナー、環境問題などに幅広く対応できるよう『食育』に基づき、カリキュラムを組んでいます。

「調理のできる栄養士」を目指す栄養士科

栄養士科は一流の栄養士・管理栄養士から実験・実習を中心に幅広い技術や知識を習得。
社会福祉やスポーツ栄養も学び、実社会に役立つ"調理のできる栄養士"を育成。
また、卒業後実務経験を経て管理栄養士を目指す卒業生を対象に「管理栄養士国家試験準備講座」を開講。多数の合格者を輩出しています。

世界を視野に入れたカリキュラムの調理師科

調理師科は経験豊富な一流講師陣から、西洋料理・日本料理・中国料理・製菓製パンの基礎から最新技術まで習得。もちろん技術だけでなく公衆衛生学 や栄養学、マネジメント論や外食産業論、さらにテーブルサービスや真空調理法もカリキュラムに加え"総合力と実践力のある調理師"を育成。
オーナーを目指す専門性の高い2年生コースや、第一線のプロ講師から世界中のお菓子やパンを学ぶパティシエ・ブランジェクラスもご用意しております。

世界水準の料理人を目指す

国内外の一流講師陣を招いての特別授業を行っております。ミシュランの名店シェフからテレビや雑誌でみかける有名シェフまで多くのシェフに直接指導を受け、料理界の第一人者達の生の声や技術を感じることが出来ます。これも長年培ったネットワークのなせるワザです。

最新・最先端の設備で学ぶ

最新・最先端の施設・設備を完備し、プロ使用の道具、こだわりの食材を使用する事により卒業後就職先でスムーズに仕事できるための環境をご用意しています。

抜群の就職実績

長年の卒業生の活躍や「食育」を推進する企業との強いつながりにより、卒業生1人あたりの求人数はなんと10件以上。さらにその内訳は、有名ホテルや老舗料亭など一流店が数多くを占めます。卒業後ワンランク上のステージでキャリアを積みたい方には最高の環境です。

まずは資料請求(無料)!オープンキャンパスもお気軽にご参加ください!

  • オープンキャンパスに行こう!
  • 入学願書付き資料請求

学校紹介ナビ

ページトップ