卒業生の声 紺田 義広さん

Graduate's Voice

いつかは1番を目指したい!
先生方の熱心な指導、
シェフの食への情熱に学ぶことがいっぱいあります。

Ristrante La-COMETA
紺田 義広さん

調理ハイテクニカル経営学科卒(2012年3月)

服部学園を選んだきっかけは?

夕食の準備をする母の手伝いをしていて自然と料理に興味を持ちました。
高校生で進路を決定する時期を迎え、好きな「料理」を仕事にしたいと思い、体験入学などで専門学校を探し始めました。服部は有名だし、家からも近いことから考え始めたんですが、決め手になったのは体験入学のときの学生たちの動きの良さ、先生方の親切さ、質の高い調理機器が揃っていることでした。

学園生活を振り返って

自分が進みたいと思うのは西洋料理でしたが、日本料理、中国料理、製菓製パンすべてで、様々な技術や知識を身につけることができ、「食」というものへの興味がとても強くなりました。
一番思い出に残っているのは全国調理師養成施設協会の調理技術コンクールに服部の代表として出場できたことです。朝から晩まで料理のことばかり考えて辛い時もありましたが、この時に料理をする上で大切なことや衛生面までをしっかりと身につけることができ、根性もついたように思います。

今のお店を選んだきっかけは?

2年次の校外実習で担任の先生から今の職場を紹介してもらいました。
実際にお店で食事をしてその味と雰囲気に感動したので「ここで働きたい!」と思いました。期間中にシェフと話したり、一緒に働かせていただいてシェフの人柄、仕事、料理、人生についての考え方などどれをとっても「素晴らしい!」と思いました。
自分もこんな大人になりたい、と思ってこのお店を選びました。

学園で学んだことが今役立っていると感じる部分

現在はシェフの調理補助、仕込み、サービスを行っています。
またイタリア食材の輸入販売も行っているので、百貨店のイタリア展などイベントでの販売も担当します。様々な経験をさせていただいているのですが、料理に対する技術面はもちろん、栄養学などの知識も学んでいたことでサービスの時にお客様と様々なことを話すことができてとても楽しいです。これは先生方がしっかりと指導してくれたおかげだと思っています。

仕事で気を付けていること。

料理をする上では「おいしく作ること」は当たり前なので、「本当の意味でイタリア料理になっているか」 「お客様にとって食べやすいか(水分量や油量)」を。サービスをする時には「心地良く食べていただけるようなサーブや会話」を心がけています。

これから学ぶ人へのメッセージ

自分にとって服部は本当に良い学校でした。
学生、先生、職員のみんなが同じ気持ちで料理に取り組んでいます。本当の仲間ができるし、即戦力となる「力」も身に付きます。人はどんな状況でもお腹がすくし、食べないと生きていけない。人生の中で一番大切な「食」を学べることに誇りを持って学んでほしいです。

鮎田シェフにお話しをうかがいました

私が料理人を目指して学んだ頃、イタリアンはまだ普及しておらず、フレンチ全盛期でした。 イタリアについて知りたくてイタリアに渡り、熱心に貪欲に学んだものです。

現在は日本にいながらにしてイタリアについて知ることができます。イタリア料理に対しての感性はイタリアが上ですが、技術は日本も素晴らしいものです。

3年目を迎え当店にとって頼もしい存在なっている紺田君には、もっと「食」に貪欲になって色々なことを学んでほしいと思います。社交的な紺田君はイベントに参加した時もすぐに周囲の方に溶け込む力がありますね。その力を生かして様々な経験をして徐々に食品の鮮度の管理、後身の指導などにも取り組んでもらいたいですね。

服部学園で身につけた基礎が糧になっていると思いますので、今後もクリエイティブな活躍を期待しています。

Ristrante La Cometa
鮎田シェフ

卒業生の声ナビ

ページトップ