卒業生の声 坂本 しおりさん

Graduate's Voice

『食べた人が笑顔になるようなケーキを作りたい』
その気持ちを忘れず技術を磨きたい!

洋菓子のプルミエール
坂本 しおりさん

調理師本科パティシエ・ブランジェクラス卒業卒(2013年3月)

福島県出身。平成25年3月に服部栄養専門学校 調理師本科パティシエ・ブランジェクラスを卒業し、現在東京都立川市の「洋菓子のプルミエール」に勤務。オーナーシェフパティシエの遠山さんも当校卒業生だ。

服部学園を選んだ理由

ケーキやパンを学びたいと思っていたのですが、学校によっては資格をすぐには取れないとわかりました。
この調理師本科パティシエ・ブランジェクラスでは、ケーキ作り、パン作りを学びながら調理師免許が取得でき、珍しいと思いましたし、魅力的だと感じました。
体験入学で来校した時に、調った設備と先生方からの丁寧な指導を実感できました。
ここで学びたいと思う決め手になりました。

今の職場「洋菓子のプルミエール」について

洋菓子の製造と販売を担当しています。
来店されるお客様一人ひとりに合わせて臨機応変に対応しなければならないので大変ではありますが、毎日毎日違うことを経験できるので日々すごく勉強になります。

このお店は学校に届いていた求人から選んだのですが、「お客様をに喜んでもらう」ことを第一に考えたお店づくりに共感し、ここで働きたい!と思いました。

季節ごとに変わる店内のデコレーションもお客様に喜んでもらえるよう、スタッフみんなで協力して手作りしているんですよ。

学園生活について

一番よかったことは調理やケーキ作りについて基礎からしっかりと学ぶことができたこと。そして同じ夢を持つ仲間と出会えたことが嬉しいです。
震災直後で福島県出身ということもあり、何か言われるかなと心配したり、東京に出ることには不安もたくさんありました。学生会館で一人暮らしを始めましたが、同級生も先生方も気にかけてくれて色々と助けてくれました。

学園への入学を考えている方へのメッセージ

服部学園は学生たちのやる気に答えてくれる学校だと思います。
ぜひ同じ目標を持つたくさんの仲間たちや先生方と共に確かな技術を学んで活かしていってほしいです。
私も「食べた人が笑顔になるようなケーキを作りたい」という気持ちを忘れず、しっかりと技術を磨き、早く一人前のパティシエになれるよう頑張りたいです!

卒業生の声ナビ

ページトップ