卒業生の声 田尻 隣さん

Graduate's Voice

自分が作ったもので人を幸せな気分にできるパティシエの仕事。
夢を叶えることができて毎日がとても充実しています!

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
田尻 隣さん

調理師本科パティシエ・ブランジェクラス卒(2012年3月)

「食」の分野に興味を持った理由

子供の頃に母が作ってくれた料理が素材の味を大切にしていて、とても美味しかったんです。
そのせいか食べることが大好きになりました。

大学附属の高等学校に通っていて、内部進学する際に学科を選ぶことになり、「食」に関わることができて、ひとの役に立つことができる栄養士の分野を選びました。

卒業後は管理栄養士として、病院に就職し、栄養相談を中心に入院患者向けの食事の用意などをしていました。
管理栄養士の仕事は「命をつなぐための食事を選ぶこと」で、非常に重要なやりがいのある仕事でした。

管理栄養士からパティシエの道への転身

大学生の時に調理のアルバイトをしていて、自分が作った料理を直接人に食べてもらえる喜びを感じていました。

病院での管理栄養士の仕事は、患者さん一人一人の健康を左右する責任のある仕事でした。
もちろん大きなやりがいを感じていたのですが、もともと持っていた「自分で作ったもので人に喜んでもらいたい」いう想いがどんどん強くなっていきました。

就職して2年目くらい頃、その想いから心が落ち着かなくなっていましたが、迷っているような時間はない!と自分の想いを確信し、料理の道、特に大好きな「お菓子」の勉強をしよう!そしてパティシエになろうと決断しました。

服部学園を選んだ理由

心が決まったら、次は学校選びでした。社会人だったこと、学費を自分で支払うことなどもあって、1年間コースのある学校を探し、5校まで絞って学園祭や学校見学、体験入学などに参加しました。

服部の体験にも何度か行きましたね。まず感じたのは「歓迎されている」ということ。
先生方、学生の方、職員の方、学校全体が挨拶してくれることがとても嬉しかったんです。

実際学校に入学した後も、「挨拶」「遅刻」「厳しさ」など、今後働く上での基本的なことを教えてもらえました。
歓迎されている嬉しさ、先生のデモンストレーションやレシピなど魅力でしたし、その都度、個別相談で丁寧にお話ししてくれたり、入学を決めるきっかけになりました。

学んでみて感じたこと

製菓ならではの細かな知識や気配りが学べて良かったです。
今までのすべての時間でどんどん自分の目標に近づいていくことができ、学べば学ぶほど、自分の製菓への思いを深めることができました。

西洋料理の授業ではレストランデザートの実習ができたり、製菓以外の授業でもたくさんのことを学べ、とても充実していました。

パティシエになる夢を叶えて

現在はホテル インターコンチネンタル 東京ベイの製菓・製パンキッチンで働いています。

最近、「アトリエ・デセール」というレストラン併設のオープンキッチンの担当になり、人から見られること、綺麗に仕事をするという意識を持って働いています。

仕事仲間でもあるすべての先輩たちが高い技術を持っているのを見ると、美しい物を作るためには、自分自身の技術を年々磨いていかなければいけないな、と改めて思います。

パティシエは力仕事も多いので、大部たくましくなりました。制服の腕がきつくなってしまったくらいです。
体力と気力勝負の大変な仕事ではありますが、自分の夢を叶えることができて、毎日がとても充実しています!

卒業生の声ナビ

ページトップ