卒業生の声 栁田 祥一さん

Graduate's Voice

自分の手で直接形作っていくパンの魅力。
先生との出会いが
パン職人へと導いてくれました!

ブーランジュリー・ラ・セゾン
栁田 祥一さん

服部学園 調理師本科パティシエ・ブランジェクラス卒(2012年3月)

調理分野に興味を持った理由

入学前は土木建築系の四年制大学に通っていましたが、大学での就職活動中に「自分が本当にやりたいこと」を改めて考えるようになりました。
子供の頃から料理が好きだった自分にとっては、「作った料理を食べた人が喜んでくれること」が一番やりがいのあることだと気づいたんです。

服部のパティシエ・ブランジェクラスを選んだ理由

料理に興味を持ったのは、ある時自分の料理を食べた人に褒められたことがきっかけです。
日本料理、西洋料理、中国料理など数ある料理分野の中でも、特に記念日などの「特別な時間」を演出することができる製菓の分野に興味を持ちました。

体験入学などで製菓学校を中心にいくつかの学校を見に行きましたが、その中でも服部の施設や設備が充実していて、調理も基礎から応用までしっかりと学べることが分かり、それが決め手になりました。

製菓の学校を探している時に、ちょうど服部にパティシエ・ブランジェクラスができたというタイミングのよさも入学のきっかけになったと思います。
(栁田さんは調理師本科パティシエ・ブランジェクラス一期生)

パティシエ希望からパン職人希望へ

服部に入学してアルバイトを探していた時、先生からの紹介で「ブーランジュリー ラ・セゾン」に入りました。
器具を使うのではなく、自分の手で直接触りカタチを作っていくというパンの魅力を実感し、地元のお客様が日常的に訪れてくれるこのお店にぜひ就職したいと思いました。
校外実習も今のお店で研修させてもらったんです。

服部学園を卒業して

好きなものが共通しているクラスの友達や先生方との出会いもあり、学校に通っているうちに「もっと知りたい」という意欲が強くなりました。

実際に働いていると悩んだり、相談したいことも出てきます。
先生方はその道の先輩でもあります。
卒業してから相談で訪ねても、あたたかく迎えてくれるんです。
知識や技術だけではなく学園生活で得る出会いもとても大切だと思います。

卒業生の声ナビ

ページトップ