卒業生の声 小川 苗さん

Graduate's Voice

RED U-35 2019
ゴールドエッグ受賞

Paris.Hawaii. (ハワイ)
小川 苗さん

調理師本科卒業

海外で活躍することが夢だった小川さん。2013年3月に服部学園の調理師本科を卒業後、2015年に渡米し「Bouley」(アメリカ・ニューヨーク)に就職。その後、2016年に「La bourse et la vie」(フランス・パリ)に転職し、2017年より「Paris.Hawaii.」 (アメリカ・ハワイ)のスーシェフ(副料理長)として活躍中。

たくさんある調理専門学校のなかで、服部栄養専門学校を選んだ理由を教えてください。

料理人になりたいと思った高校時代のアルバイト先のシェフに、調理師専門学校に行くなら有名なところに行くべきとアドバイスされたからです。社会に出てから、服部を卒業しましたと言うとみなさんわかっていただけるので、今でもそうして良かったと思います。

服部栄養専門学校での授業のなかで印象に残っている授業や、今の自分に役立っていると思える授業や先生の言葉、授業に限らず思い出として残っていることなどを教えてください。

学生当時は料理の技術を上げたかったので調理実習が好きでしたが、料理人になってから、技術はもちろん、食を突き詰めようとすると食品学や栄養学など、基礎となる知識があるとまた自分が作る料理も変わってきます。レストランで働き出すと学科を学ぶ機会はなかなかないので、食品学や栄養学などの座学が今とても役に立っています。

また、私は卒業後フレンチの道を選びましたが、幅広く教えていただいた他ジャンルの日本食や中華などからヒントを得ることもあります。

担任の菊池先生からは、料理以外にもほんとうにたくさんのことを学びました。

就職先を選んだ理由はなんですか?また、ハワイで仕事をすることになった経緯について教えてください。

ずっと海外に出ることが夢でした。 ニューヨーク、パリ、と2カ国で働いて、同じフレンチでも場所によって変わる料理の楽しさを知りました。パリにいるときに、ハワイにフレンチレストランがオープンするというお話があり、新しい場所で挑戦してみたいと思い、スーシェフを任せていただくことになりました。

現在はどちらのお店にお勤めですか。また、現在はどのような仕事を担当していらっしゃるのでしょうか。具体的に教えてください。

ハワイのParis.Hawaii.というフレンチレストランでスーシェフをしています。

仕込みや発注、部下の教育など、キッチン内の全てを管理し、シェフのアイデアを形にしレシピを作成したり、メニューの考案をしたりもしています。

平均的な1日のタイムスケジュールを教えてください。

毎日12時に出勤し、16時半までに仕込みや発注などを終わらせ、賄いを作ります。16時半から17時までの30分賄いを食べて休憩です。17時にレストランオープン。ディナー中は調理、盛り付け、部下への支持をし、22時頃ディナーサービスが終わり、片付けと次の日の仕込みリストを作成し、23時頃帰宅します。

日々の仕事のなかで心がけていることは何ですか。

どの仕事でも大事なことだと思いますが、お客様に対しても、同じ仕事仲間に対しても、相手の気持ちを考えることをいつも大切にしています。

周りのスタッフからは、どのようなことを言われることが多いですか。

You are nice(優しい)と言われることが多いですが、ミスをしっかりと指摘し成長させ、チームの気を引き締めて行くのが今の私の課題です。そして上司からは未だにおっちょこちょいと言われます。笑

RED U-35 2019ゴールドエッグ受賞、おめでとうございます!受賞をしたお気持ちを教えてください。

レッドエッグを目指していたので悔しさは残りますが、まだまだそれに劣る自分の実力をしっかりと受け止め、これからも精進していきます。

受賞までのエピソードを教えてください。

いつも何か新しいことに挑戦し続けていたいと思っており、今年は出場することを自分へのチャレンジにしました。仕事と両立しながら出題に集中したり、時間をとったりするのは大変でしたが、自分がどういう料理人であるのか客観的に見て、向き合うとてもいい経験になりました。

将来の夢を教えてください。また、将来はどのような料理人になりたいですか。

私自身、女性料理人ということで苦労したこともありましたし、家庭と両立できて、身体に負担がかからないような、料理人の新しい形を確立していければと思います。

命と食は切っても切れない関係です。私にとって、生きる喜びを味わえる感覚、五感を使える料理人は天職です。この喜びを沢山の人にシェアできるような料理人になりたいです。

RED U-35 2019ゴールドエッグ受賞!

鯖のラウラウ、タロいものニョッキ

一次審査、二次審査を通過し、小川さんが三次審査の料理に選んだのは「鯖のラウラウ、タロいものニョッキ」。ラウラウとは伝統的なハワイ料理の一つで、2種類の葉で包み蒸し焼きにする料理です。

卒業生の声ナビ

ページトップ