こんにちは[wp_emoji2 code=”d001″ alt=”晴れ”]

服部学園広報課です。

1月18日に放映された2013年初めてのアイアンシェフ、ご覧いただけましたか?

新年初めての対戦。楽しみにされていた方もいらっしゃるかと思います。

 

今回も学園スタッフが助手としてサポートしています。

舞台裏からのぞかせていただきました。

 

今回のノミニーを推薦するのは、

古書買取販売を身近なものにした「ブックオフ」の創業者

「バリュークリエイト株式会社」代表取締役社長 坂本 孝 氏

 

現在は「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」など、

高級食材をふんだんに使いながらも、立ち飲みの様式を取り入れ、

気軽に立ち寄ることができる店を経営されています。

 

店内で腕を振るうシェフたちも、一流店などの経験を持つ方ばかりです。

今回のノミニーは、「俺のフレンチGINZA取締役総料理長 能勢 和秀 氏

左から、推薦人のバリュークリエイト株式会社社長 坂本氏、ノミニーの能勢シェフ、服部校長。

 

人気店でたくさんのお客様に料理を提供しているシェフならではの

無駄のない動きに、今回も接戦が予想されます。

 

対するは「和のアイアンシェフ」黒木 純 氏

 

大晦日のスペシャルでは、初代和の鉄人 道場 六三郎 氏との対戦で

様々な心遣いと技を見せてくれました。

今回はどのような料理を見せてくれるのでしょうか?

 

今回のテーマ食材は「チーズ」。

日本料理ではなかなか使用せず、フレンチではおなじみの食材です。

 

今でこそ、日本料理にも西洋の食材、技法を取り入れていますが、

もともと大陸の歴史の中で作られた食材。

 

日本では江戸時代に再度上陸したと言われているようですが、

日本料理の黒木氏には不利な展開になりそうです。

 

限られた時間の中、能勢氏はアイスクリームのデザートを含めた5品。

黒木氏は旬の食材苺にチーズを挟んでてんぷらにし、氷餅、粉糖でいただく

創作デザートも含む5品を仕上げました。

 

結果は、、、

 

 

和のアイアンシェフ 黒木 純 氏の勝利!

 

どちらも素晴らしい仕上がりで審議委員の道場氏は

同じ点をつけたくらいです。

 

不利な食材と思われる中、接戦を制した黒木シェフ。

対戦回数を重ね、若さの中に風格を感じさせるようにさえなってきました。

 

それぞれのシェフにつきサポートさせていただく学園スタッフも常に真剣勝負。

時間も短く、高度な料理を仕上げるので大変ですがすごくやり甲斐があります!

シェフによって料理のスタイルはそれぞれ違います。

 

見ているだけでも勉強になりますね。

 

続いてはアイアンシェフ情報番外編

食材紹介「チーズ」編です。

 

ご期待下さい[wp_emoji2 code=”d230″ alt=”ウィンク”]