第1回プレコフーズ杯 インスタ映えする肉料理コンテスト開催レポート

未来の料理人たちが本領発揮!

『プレコフーズ杯 インスタ映えする肉料理コンテスト』は、総合食品卸である株式会社プレコフーズと、調理・栄養のプロを育成する服部栄養専門学校が共同で開催する料理コンテスト。出場者は牛・豚・鶏を使った一皿を仕上げ、美味しさはもちろん「インスタ映え」をテーマに発想のおもしろさやビジュアルの魅力も競い合う、まさに未来の料理人に向けたコンテストです。2018年9月16日(日)、本校で第一回目の本選が開かれ、「高校生部門」「在校生部門」それぞれのグランプリが決定しました。全国の高校生を対象に公募した「高校生部門」では、多数の応募者の中から選ばれた10チーム。「在校生部門」では、本校の調理ハイテクニカル経営学科に在籍する2年生より学内選考を勝ち抜いた10チーム、合わせて20チームが本選会場で実際に調理。60分一本勝負で、オリジナル料理の腕を競いました。

審査員に日本の料理界を代表するシェフを迎えて

株式会社プレコフーズ代表取締役の髙波幸夫氏を審査委員長に、審査員は服部幸應校長をはじめ、落合務氏(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ オーナーシェフ)、坂井宏行氏(ラ・ロシェル オーナーシェフ)、陳建一氏(赤坂四川飯店 オーナーシェフ)と、そうそうたる顔ぶれです。

左から、陳建一シェフ、落合務シェフ、髙波社長、坂井宏行シェフ、服部校長

プレコフーズが提供するブランド肉を使って思いのままに腕をふるう!

提供食材 匠の大山鶏 総州三元豚白王 黒火乃牛

本選のようす

  • 真剣なまなざし……
  • 刻々と迫る時間との闘い。キッチンに緊張が走ります
  • 商品としての価値も意識したプロ仕様のメニューが並びました
  • 料理大好き!楽しそうに手を動かす参加者たち
  • ファイト!本校のスタッフに励まされて思わず笑みも
  • 日頃からSNSはお手のもの。皿の上に斬新なアイディアがいっぱい
  • 「ほう!」なれた手さばきに審査員から声があがります
  • 「これは刺激になるなぁ」とシェフの皆さんも目を細めて見守っていました
  • 日頃の研鑽を披露するチャンス!熱が入ります
  • 贅沢!なかなか手に出来ない上質の材料をふんだんに使って

プレコフーズ杯 結果発表

グランプリ

グランプリメニューは、2018年11月に本校学園祭の特別メニューとして提供されて大好評でした!

副賞
肉セット10㎏(牛2㎏,豚4㎏,鶏4㎏)、プレコグループのレストランお食事券(20,000円分)×人数分

高校生部門(1組)
「NIKU × パフェ」

愛知県立瑞陵高等学校
  • 長谷川 小夏さん
  • 野々垣 七海さん
審査員から

「肉をパフェにするという発想をしたことがありません。インスタ映えのインパクトは段トツです。肉の赤、レタスの緑、かかっているクリームの白…彩りの美しさに驚き、口にして、その美味しさにびっくりしました。」(審査委員長:髙波 幸夫氏)

受賞者エピソード

高校では食物科に在籍する仲良し二人組。「うれしすぎて夢のよう!」と喜びを表しました。夏休み返上で何度も試作して考えだしたメニューだといいます。食べ進むうちに口の中が重くならないようにと、柚子胡椒を効かせた爽やか風味。味の工夫も評価されました。

NIKU × パフェ

在校生部門(1組)
「てりナムル丼」

調理ハイテクニカル経営学科
  • ジョン ミンジさん
  • キム シャロンさん
審査員から

「日本の照り焼きと韓国のナムルという二つの国の味わいの融合、そして赤いキムチに紫タマネギを組み合わせるなど見た目の色合いにもこだわった、完成度の高さに驚きました。味の良さはもちろん、コスト面を考えても、そのままランチメニューとして店に出せそうな商品価値あるプロの域のクオリティでした」(審査委員長:髙波 幸夫氏)

受賞者エピソード

日本食のきめ細やかな美しさに魅かれて留学を決意したという二人。日本で学んだことを世界中に伝えていきたいという大きな夢があるそうです。「留学して以来、最もうれしい一日になった」と喜びを語ります。誰もが口にしてホッとする味わいを目指したところも高い評価につながりました。

てりナムル丼

準グランプリ

副賞
肉セット5㎏(牛1㎏,豚2㎏,鶏2㎏)、プレコグループのレストランお食事券(20,000円分)×人数分

高校生部門
「紅茶香る豚ヒレ肉のアボカド巻き~とろーりチーズソース添え~」

熊本県立熊本中央高等学校
  • 中村 浩太さん
  • 黒木 渉平さん
  • 山田 伊織さん
受賞者エピソード

一番のこだわりは豚ヒレ肉を紅茶で香りづけしたことと「豚肉×チーズ×紅茶」の組み合わせにしたこと。工夫した点は豚ヒレにかけて残ったチーズソースで野菜やパンをチーズフォンデュのように2度楽しめることです。さらに豚ヒレ肉を薄く開き、バターとアボガドで油分を補った点と、バルサミコソースでプレートに日付を入れることで思い出に残る食事を演出しました。

紅茶香る豚ヒレ肉のアボカド巻き~とろーりチーズソース添え~

在校生部門(1組)
「ローストビーフの中華風 卵黄ソース 青菜を添えて」

調理ハイテクニカル経営学科
  • 大内 隆平さん
  • 松本 和也さん
受賞者エピソード

本来、西洋風のソースに紹興酒を加え、大根の煮込みは、八角や桂皮を加え、黒っぽくすることで中華風に。高さを出したり、雲呑絲や炒青菜等、中華の定番を作ることで、一見して中華とわかる盛り付けをしました。

ローストビーフの中華風卵黄ソース 青菜を添えて

ラ・ロシェル賞

牛フィレ肉の柔らかステーキ~焼きリゾットを添えて~

三重県立相可高等学校 平賀 夢乃さん

ローストビーフバーガー

モリナ・エールさん 豊喜 千春さん

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ賞

カラスミと肉のうま味 牛ステーキ

滋賀県 私立綾羽高等学校 田中 あゆみさん 壽 明日香さん

チョップステーキ

キム・ヒスさん ユン・ジョウンさん

赤坂四川飯店賞

色彩豊かなミートトマトシチュー

東京都 私立成女高等学校 金子 菜琉美さん 川上 美姫さん 竹内 しいなさん

#はわいあん丼

立川目 まどかさん 林 愛美さん 阿久津 あいさん

服部栄養専門学校賞

アボカドチーズのせチキングリル

富山県立雄山高等学校 三浦 まつりさん

小林 嵩幸さん 長谷川 樹さん トゥ・ライさん

努力賞

高校生部門

牛ヒレ肉と彩り焼き野菜~二種のソースを添えて~

三重県立相可高等学校 吉田 凛さん

いいとこ取り合い寿司

三重県立相可高等学校 宮崎 竜弥さん

牛もも肉の三種盛り

三重県立相可高等学校 山本 純輝さん

牛リブロースステーキ 彩野菜とリンゴのソース

三重県立相可高等学校 日比野 健吾さん

在校生部門

うめ~丼(梅ねぎ塩鶏丼)

古田 晃大さん 鈴木 稜真さん

3色野菜の牛ロール

若松 杏実さん 鈴木 里佳子さん 施明 源さん

Beef cutlet

藤巻 春香さん 堀篭 由希さん 三浦 伊織さん

彩り野菜のインボルティーニ

平松 舞音さん 清水 歌織さん 北澤 七海さん

受賞メニュー撮影:海老原 隆

審査を終えて

株式会社プレコフーズ
代表取締役 髙波 幸夫氏

包丁さばき、火入れ、盛り付け……プロを目指しているからこその、若い皆さんの料理技術の高さと豊かな創造力に目を見張りました。すぐにでも店で出せるようなレベルの高いメニューもあって、料理を通じて人を笑顔にしたいという思いが伝わってきました。「プレコフーズ杯」を、扱う食材の鮮度や安全性など食の流通にも高い関心をもつ、次世代のプロフェッショナルを育成する機会にしていきたいと思います。

陳 建一シェフ(赤坂四川飯店)

楽しそうに作っている、その愛らしい姿に感動しました。まだまだ学ばなければならない点はあるけれど、まずは楽しく料理する姿勢が一番。今日の楽しかった経験を忘れないで、料理でたくさんの人を幸せにしてほしい。

坂井 宏行シェフ(ラ・ロシェルオーナー)

「インスタ映え」は見た目だけではなくてアイディア勝負なんだということが伝わってきました。こうして大きなコンテストに挑戦した経験は、社会に出てから頑張れる力になると思います。将来の巨匠を目指してください。

落合 務シェフ(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ)

どれも彩りがきれいだし、流行の食器などもおさえているし、インスタ映えがテーマの盛り付けはさすが! これまで考えもしなかった食材を組み合わせていたり王道の味付けで勝負していたり、楽しさいっぱいのコンテストでした。

服部 幸應校長

見た目だけではなく味もよくて、本選のレベルの高さはなかなかのものでした。“肉”という素材をダイナミックにとらえて、立体的に見せようとするなど、インスタ映えを考えた斬新な発想がよかったですね。

『株式会社プレコフーズ』とは

1955年に街の小さな鶏肉店からスタートし、今や年商150億円を超える「食の楽しみと笑顔の創造企業」として、新鮮かつ安全性に優れた「肉」「魚」「野菜」の卸しから、ビブグルマンにも選出された飲食店の経営など、そのサービスを急速に拡大し続けている食の総合企業です。
昨年春より「夢に向かって頑張るあなたを応援したい」という想いから、服部栄養専門学校入学生に向けて返済不要、最大100万円給付の「プレコフーズ奨学金」制度がスタートしました。

株式会社プレコフーズ
https://www.precofoods.co.jp/

ページトップ